患者様向け
患者様向け

よくある質問

訪問診療とは何ですか?
医師が定期的に訪問し、診察や検査、各種点滴やお薬の処方をします。また、病状の変化があれば直接医師との連絡が可能で、必要と判断されれば往診したり、救急病院をご紹介します。検査は血液検査、尿検査、細菌検査などの検査が可能で、その他精密検査が必要な場合は連携病院をご紹介します。様々な職種と連絡を取り合いながら行います。
訪問の際は看護師さんも来てくれるのですか?
原則、看護師が同行します。
平日の定期訪問の際は、同行専門の看護師(はまかぜ会では『サポートナース』と呼んでおります)が同行いたします。
有資格者(国家資格)である看護師です。
患者様・ご家族様とのご相談や他事業所様との治療方針の伝達等も、専門知識をもった看護師が行っております。
訪問時には原則として看護業務は行いませんが、看護師の立場から在宅療養をサポートしたいと考えております。
また、はまかぜ会では『訪問診療は院内での準備段階から始まっている』と考えております。
院内での準備作業も、ご自宅での医療行為に連続する大切な作業であるという思いから、はまかぜ会の訪問診療では、薬剤や衛生材料の管理、院内での準備段階から、専門知識を持った有資格者である看護師が医師の指示・指導のもとに行っております。
重病なのですが、自宅で療養できるか不安です。どんな病状でも大丈夫でしょうか?
どんな病状でも大丈夫です。当院は、病気の進行した方や重度の方を積極的にお引き受けしようという思いから、特に病名や病状でお引き受けができないことはございません。
主に下記のようなご病状で通院が困難となった方からの依頼が多いです。
私たちは住み慣れた場所で生きることサポートしたいという考えから、病気が進行した末期の方でもお看取りから死亡診断書作成までをご自宅で対応しております。
  • がんの末期
  • 認知症
  • 難病
  • 脳卒中後遺症
  • 呼吸不全、心不全、腎不全など各種臓器不全
  • 高齢による体力低下
  • 老人ホームなど施設入所中の方 など。
定期訪問の日時指定できますか?
当院では病気の進行した方や重度の方まで対応するため、比較的狭い範囲を診療圏としております。さらに全体の訪問ルートを効率化し、十分な診療時間を確保し病状変化時に迅速に対応するため、訪問日時は大変申し訳ございませんがあらかじめ当院からご提案させて頂いております。
料金の目安はどれくらいですか?
基本的にすべて健康保険が適用されます。医療費はご病状や必要な医療処置・検査により異なります。目安として『往診・在宅医療』のページをご参照ください。
診療の相談、申し込み方法はどうすればよいですか?
電話もしくはFAXにてご連絡ください。その際は、
①患者様のご住所
②病名(おおまかで大丈夫です)
をお伝えください。
日時をご相談して往診致します。